スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械の身体


妄想戦記 ロボット残党兵
昨今のビーム兵器ばっかりバンバン撃ってるロボにうんざりしてる貴方にオススメ!
主要兵器は拳!ビバ肉弾戦!巨大要塞に拳で立ち向かう機械化人間「日の丸人」

第二次世界大戦における架空戦記です。
体を機械化した人間である「日の丸人」が実践に投入されたことにより戦争は変化することとなる。
各国が極秘裏に進めてきた機械化人間が次々と戦場に姿を現すことに。

軍部の暗躍、政府の陰謀、人と機械の境界とは?など濃厚なストーリーあり。
それでいて、各国の特色溢れる機械化人間が次々と登場してきてたまりません。
ソ連は頭にでっかい星が付いてたり。
第二次世界大戦なので当然のごとくナチスも科学力は世界一ぃ!と声高々に登場します。

機械化人間は脳みそだけは生身のままなので、正確にはサイボーグ的な位置づけ。
それゆえに彼らは人間か兵器か?といった葛藤や悩みも抱える。

それにしても、三船さんがかっこよすぎる。
デザインこそ、シンプルで無骨だがそれゆえのかっこよさか。
 
今のところ、3巻まで発売してます。俺は明日3巻を買ってくるんだ!
 
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。