スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の話。

 
深夜なので昔の話を。つまり、愚痴。

「カレとカノジョと召喚魔法」という電撃文庫から発刊されてるラノベがあります。
全6巻で、俺の中ではこれを越えるシリーズ物のラノベには出会ってないというぐらい好きな作品です。
作者は上月司。まあ、あれです。1月から始まる「れでぃばと」の作者なんですけどね。
カレとカノジョと召喚魔法が6巻で大団円を迎えて、次に上月先生が書いたのが、現在9巻まで発売し、アニメ化までするほどの作品となった「れでぃばと」

最初の1巻が出たときは予備知識も無いので、上月先生の新刊だ、やっほい!
と買ったのはいいんですが、これが死ぬほどつまんねえ!
どこぞのエロゲの文庫版なのかこれはと疑いたくなったぐらいでしたよ。
半分ぐらいで読むのを止めました。ってか読んでられなかった。
作者を間違えたのかとも思ったよ・・・。

当時は憤慨して絶望しかけ増したが、今ではハッハッハと笑えるぐらいにはなりました。
というわけで、上月先生、「れでぃばと」アニメ化おめでとうございます。
これを機会にカレとカノジョと召喚魔法が再評価とかされないものかと願ってます!
 
れでぃばとのアニメは死んでも見ないぞー。ハッハッハ。
  
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。