スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の本質と価値観


SWAN SONG
キラキラの瀬戸口廉也さんがシナリオのエロゲ。
大地震が起きて、崩壊した街で生きる人々の群像劇。
・・・これだけ書くとエロゲじゃないみたい。
描写的にエグいので、18禁ってのは間違いないんですがね。

ENDは2種類。ノーマルとトゥルー?
ノーマルの方は死ぬほど鬱展開の連続ですが、ラストは美しい。
トゥルーはノーマルと比べるとずいぶん救いがあるようなんだけど、何だかあっけないなーと。
まあでも結局、世界が滅んだかどうかが分からないので、救われてないような気もする。
閉鎖された空間の中ではルールも正義もそこで決められてしまうってのがキツイよなあ。リヴァイアスもそんな感じだったのですが、あれは対立する同じような境遇の団体が出てこなかったのでちょっと違うか・・・。

生きることは素晴らしいってのがテーマな気がする。どんなに自然が無慈悲でも人間は生きて、あがいてやるってことなのかも。必死にあがいて、もがいていき続けようとしていた、ノーマルエンドのほうがやっぱりこの作品にはあってるのかな。トゥルーのほうが少々蛇足気味にとって付けたように感じるのはそれだからか?
 

<< OP詐欺
| TOP |
進化 >>

コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。