スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いぜー


青木幹治さんのコミックがついに出たそうで!やべえ!
まったく知らなかったのですげー嬉しい。そうかー、ついに出たかー。
明日買ってこよう。売ってるといいなあ・・・。

サマーウォーズ見てきました。ネタバレ感想は追記で。
あまりに面白すぎて終了後しばらく無言でした。
細田監督はやっぱりすごい。
アニメージュオリジナルの4号にインタビューと原画が早くも掲載されてるよ!
西田達三さんの原画かっこよすぎ。

ディケイドの映画が公開されましたが、あと数話で終わる本編を見てからのほうがいいのかな・・・。今年はシンケンジャーもしっかりと見てるので、ともに劇場版が楽しみ。

真マジンガー
ついにエネルガー登場。
乗るのは戦闘のプロ・・・ではなくなんとその親父!
今川はどこまで視聴者を驚かせたいのだろう。
 
ちょっとしたサマーウォーズに対する感想。
 
 


話の大きな流れは言ってしまえば、ぼくらのウォーゲーム。
だけど、それを分かっててさえも面白いというのはすごい。
2時間でウォーゲームを作って、時かけの要素をぶち込んだ感じでしょうか。
ばあちゃんマジかっこいい。各所に電話をかけるシーンが実は一番熱く感じた。
ウォーゲームよりも皆で何とかする、人々の絆がより重要視されてましたね。ウォーゲームは結局、太一とヤマトに頼ることしかできなかったので。
現代版ウォーゲームと考えるなら、ネットがあるのがあたりまえという今の時代にふさわしいんじゃないんでしょうか。皆がそれぞれ自分のできることをやるってのは素晴らしい。
そう考えるとウォーゲームはずいぶん先を読んでたよなーと。
やっぱり細田監督すげー。
よし、これでマンガ版が読めるぞー。
 
作画の話。
とにかく食事シーンが圧巻。よくやるわ・・・。あそこだけでいったいどれだけの枚数使ってるのやら。戦闘シーンに関しては爽快感バツグンです。西田さんお疲れ様です。エフェクトは今回は作画監督だったから抑え目にしたのか、それとも最近はこんな風に変化したのかは不明ですが、そこまでクセが出てなかったなーと。一部それっぽい所はあったけど。安藤さんの描く汗描写っぽいシーンもあってびっくり。
山下さんは設定レイアウトでの参加でしたね。原画描いてなかったのかー。
ラストのぶん殴る所は明らかに森久司パンチ風だったのでニヤニヤしてしまった。いいぞもっとやれ!
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。