スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな花


ミスミソウ 3巻
哀しすぎる復讐劇ついに完結。
救いがない終わり方になるだろうと1巻読んだときから思ってましたし、そうでなければおかしいと思ってました。結局の所、人間が狂ってしまうのはその自分の周りの環境がきっかけで、狂ってしまうともう戻ることは難しくてでも、そんな狂った自分でも支えて味方になってくれる人はいるんですよね。それに気づいて、自分を取り戻すことができるのかどうか。
一度は戻れた春花と、戻ることができなくなってしまった流美。普段は正常だがふとしたきっかけで狂ってしまう相場くん。
家族を想う大切さや幸せに飢えてしまった人たちが起こしてしまった哀しい物語でした。
しかし、あのラストは美しすぎて辛い。
 
復讐劇のホラー作品のテイストだと思ってたんですが、読み終わってみるとこれはやっぱり愛憎劇なんじゃないかなと思ってきました。3巻で特にそれが色濃くなりましたね。
 
コメント

でろでろ も終わってしまったという…
押切先生は充電期間なんでしょうかね

あ、でろでろも終わったんですね。
ギャグもいいですが、ミスミソウのようなホラー話もまた描いてもらいたいです。

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。